朗読のページオツベルと像

しみじみと オツベルと像

烏の北斗七星
楢渡のとこの崖がけはまっ赤でした。
 それにひどく深くて急でしたからのぞいて見ると全くくるくるするのでした。
 谷底には水もなんにもなくてたゞ青い梢と白樺などの幹が短く見えるだけでした
 

烏の北斗七星烏の北斗七星
 つめたいいぢの悪い雲が、地べたにすれすれに垂れましたので、野はらは雪のあかりだか、日のあかりだか判わからないやうになりました。
 烏からすの義勇艦隊は、その雲に圧おしつけられて、しかたなくちよつとの間、亜鉛とたんの板をひろげたやうな雪の田圃たんぼのうへに横にならんで仮泊といふことをやりました。烏の北斗七星
 

イギリス海岸イギリス海岸
夏休みの十五日の農場実習の間に、私どもがイギリス海岸とあだ名をつけて、二日か三日ごと、仕事が一きりつくたびに、よく遊びに行った処ところがありました。
 それは本たうは海岸ではなくて、いかにも海岸の風をした川の岸です。北上きたかみ川の西岸でした。東の仙人せんにん峠から、遠野を通り土沢を過ぎ、北上山地を横截よこぎって来る冷たい猿さるヶ石いし川の、北上川への落合から、少し下流の西岸でした。

イギリス海岸LinkIcon

よだかの星よだかの星

よだかは醜い鳥です。あるひ鷹がやってきて明日までに名前を変えろと言われます。よだかは遠いところに行く決心をして、巣を飛び出しました。
はたして?

よだかの星LinkIcon

なめとこやまのくまなめとこやまのくま
気をつけてそっちを見ると何だかわけのわからない白い細長いものが山をうごいて落ちてけむりを立てているのがわかる。それがなめとこ山の大空滝だ。
まるで氷の玉のような月がそらにかかっていた。雪は青白く明るく水は燐光をあげた。すばるや参の星が緑や橙にちらちらして呼吸をするように見えた。

なめとこやまのくまLinkIcon

土神と狐土神と狐

 一本木の野原の、北のはずれに、少し小高く盛りあがった所がありました。いのころぐさがいっぱいに生え、そのまん中には一本の奇麗な女の樺の木がありました。

土神と狐LinkIcon

オツベルと像オツベルと像

…ある牛飼いがものがたる
 オツベルときたら大したもんだ。稲扱器械の六台も据えつけて、のんのんのんのんのんのんと、大そろしない音をたててやっている。

オツベルと像LinkIcon

ご意見をお聞かせ下さい好きな作品などをお聞かせ下さいアンケートフォーム

朗読メールマガジン
無料メールマガジン 

メールマガジン購読申し込み 配信中止

滑舌が悪い言葉を噛むプロを目指す人必見、現役の声優も驚くメソッド喜多川拓郎「声の教室」

塾生募集塾生募集