ダービー


久々の競馬G1ノート
今年はとても楽しみなダービーになるはずでした!!
5連勝で皐月賞を勝ったヴィクトワールピサ、4戦4勝の青葉賞馬ペルーサ、NHKマイルカップをレコード勝ちしたダノンシャンティ、2歳チャンピオンのローズキングダム等、歴史に残る名馬の戦いを期待していました。ところが今日、NHK杯を豪快に差しきった、ダノンシャンティーの骨折が判明して、出走取り消し!!ショックなニュースでした。私の本命!当然一頭軸一着3連単勝負の予定でした。
が、骨折では仕方ありません。
むしろ早く発見されて良かったです。
秋には快復しそうなので、活躍を期待します。

プロの馬券師その2

先日ご紹介したプロの馬券師、その名は「丸の内龍太郎」さん。

一レースで1000万円の払い戻しを受けたこともある伝説の馬券師として有名です。(最近の話)
公認会計士で、その仕事を辞めて馬券で食べているというのですから、開いた口がふさがりません。
なにか特別な秘策があるのかと思いきや、独自の緻密なデータ集めと、馬を見る目だそうで、予想は根を詰めた作業の連続だそうです。最終判断がパドック、ですから彼の生徒さんたちは、直前に送られてくるメールを待って投票するのだそうです。
会計士らしいのが、馬券術。儲かる秘策は、投資額を減らして回収額を増やす、早い話、レースを絞ること。全レースを買っていたらどんなカリスマであってもプラスにはなりません。彼の場合は、新馬、未勝利に限定、徹底したレース絞り込みです。最近は予想情報が正確になってなかなか高配当を的中させるのが難しくなっています。私の計算でも、三連単を始めたばかりの頃は、高配当的中がよくありましたが、最近1000倍以上の配当はまれです。特にグレードの高いレースはデータが揃い、馬の能力比較がしやすくなっているのでしょう。しかし新馬戦や未勝利戦は馬の能力差が激しいのに、データが少ないので、高配当が出やすいと言うのです。実績で比較するデータが乏しいので、馬を見る目が勝負の決め手になるのだと言うのです。
 私も先行馬と追い込み馬の比率でレースを絞る馬券作戦で成果を上げていますが、3連単以外買わないので、後半9レース以降に限っていました。丸の内さんの本を読んで、全レース3連単発売になったこともあり、新馬未勝利戦にもその枠を広げてみることにしました。
 早速先週試してみると、私の絞ったレースで回収率は150%。まずまずなのですが、全体を集計して、びっくり!中山2レースが的中して配当は90万円!!日曜日の回収率は1000%越え!!
私のフィルターに引っかかっていないレースでしたので、馬券は買ってません(-_-;)
 しかし手応えを感じました。
人と同じ事をやっていては儲からないと言うことを彼から学びました。
パドックの見方はまだ教えてもらえませんが、私の場合愛犬の動きからあるヒントを得ました。

プロの馬券師に

今日はCHC(競馬愛好家の集まり)の新年会+昨年度の成績発表、表彰式。

昨年は、終盤に心の乱れがあり、入賞を逃しましたが、全体の17位(75人中)
専門誌はおろかスポーツ新聞の予想記事を全く読まずにこの成績ですから、素人にしては上出来なのですが、悔やまる結果でした。
 会員は、テレビでおなじみの専門家もいれば、メディア関係者、記者、作家、デザイナーなど様々。
表彰式のあと新加入のメンバーの自己紹介、馬券でメシを食べていると言う人がいてびっくり!
年間500万円は馬券で稼ぐそうで、さっそくすり寄って名刺交換!
著書を一冊頂きました!
読んでまた驚き!
年間回収率は120%、120%と言う数字は信じられそうです。馬券予想をいろいろ試しましが、JRA馬券で200%等と言った回収率をあげるのは不可能です。短期なら充分ありえますが、何年にもわたって集計すれば、どの予想でも80%以上はまれです。ですので高い回収率をうたった有料予想サイトには注意が必要です。短期間の良い時期だけ取り上げている可能性があります。
とは言え120%の回収率で500万円プラスにするには、3000万円の元手が必要になる計算です。

有馬記念

今年最後の競馬。

14:00終了予定の仕事があったのですが、余裕で新宿場外に到着。人気馬が回避して寂しいメンバーとなりましたが、さすがにグランプリ、もの凄い人で身動きが出来ません。阪神の9レース。1着2着は的中、しかし3着に単勝200倍の最低人気馬がつっこんできて、3連単が50万馬券。運試しは失敗。
いよいよ有馬記念のパドック放映。
私の偏差値予想は、ダイワスカーレット、マツリダゴッホ、エアシェイデイ、メイショウサムソン、アルナスライン、の順、展開はマツリダ、アルナス有利、結局アルナスラインから馬券を買いました。単勝15倍、これが入れば、CHCも逆転優勝の目が出てきます。
レースは13枠からダイワスカーレットがスタート良く飛び出して、ハナに立つと、続いて武メイショウサムソン、マツリダゴッホは最後方で、蝦名ジョッキーが手綱を引っ張って立ち上がらんばかりです。ペースが速くなると読んで、最後方から直線勝負に出たつもりなんでしょうか。
それにしても折り合いを欠いて、こりゃダメだと感じました。
アルナスラインは後ろからペリエマジックに密かに期待。
3コーナーから4コーナーでもダイワスカーレットは快調に飛ばして、メイショウサムソン武が手綱をしごいて仕掛けていきます。
しかし名手の手綱に応える力もなく後退、ダイワスカーレットが後続を引き離し優勝!
2着に単勝最低人気の14番アドマイヤモナークが飛び込んで近くてモニターをみていた人から悲鳴が・・結局3連単98万円の高配当馬券となりました。

日本ダービー

第75回 東京優駿(GI)

1枠一番になったディープスカイ

展開が心配でしたが、後方待機から大外を回って一気にまくり勝ち。

粘るスマイルジャックをゴール番前でピッタリ差し切りました。

馬郡をさばいて、追い込んだ武ブラックシェルが3着。

私の予想は

1着ディープスカイ

2着サクセスブロッケン

3着ブラックシェル

残念ながらパーフェクト賞は逃しました。

無敗のダービー馬と期待先行のサクセスブロッケンでしたが結果は18着。

4コーナー回ったときは、良い位置につけていたので、これはと思いましたが、そこからズブズブ後退。

スピードについて行けませんでした。ダートしか経験のない馬とのスピード指数での比較の難しさを改めて感じました。

もう一頭、期待を集めたアドマイヤコマンド、結果は7着。圧勝したとは言えやはりトライアルはトライアル、タイムは優秀でしたが、G1レースを勝った馬とは格が違いました。秋に期待しましょう。

さて来週は安田記念です。

はたして天候は?

 

馬単は的中しましたが、ダノンゴーゴーが3着に

<NHKマイルC>◇11日=東京◇G1◇芝1600メートル◇3歳◇出走18頭

 3歳マイル王決定戦は1番人気のディープスカイ(牡3、栗東・昆)が快勝した。後方待機から直線で内を突いて抜け出し、毎日杯の勝利をステップに初のG1タイトルを奪取した。昆貢師(49)も初のG1制覇を達成。この後は6月1日東京のダービー(G1、芝2400メートル)が有力視される。

データ分析をして競馬を楽しんで、随分経ちますが、一年に一度か二度確信の持てるレースがあります。今回のディープスカイの単勝も、かなりの自信がありました。総合ポイントが70に近い上、他の予想ファクターでも上位のポイントを示していたからです。心配なのは展開と重馬場、あまり後方からだと重馬場で届かない恐れがあるからです。一騎打ちと予想したファリダット4コーナーで大外を回り、内を果敢についディープとの差が出てしまいました。3着にやはり内に潜り込んだダノンゴーゴー、調教指数が一位だったので押さえておくべきでした。10万馬券はお預け、馬単のみ的中しました。

今週も雨

DSC_0003.JPGDSC_0001.JPG このところ週末になると雨が多いような気がします。春のG1シリーズ第2戦。NHKマイルチャンピョン。マクロファイルの調子が悪く?先週はCHC競馬クラブの予想投票に間に合わず、勘で投票して見事はずれました。結果アドマイヤジュピターがメイショウサムソンとの激しいたたき合いを制して、春の長距離王になりました。さて今週は距離は半分のマイル戦。東京競馬場の馬場コンディションはどうなるのか気になるところです。
 展開・逃げるのは
 エイムアットビップ
 ダンツキッスイ

枠番の差でエイムアットビップがハナに立ち、外からダンツキッスイがまくっていくような展開。
藤田、松岡騎手の駆け引きが見物です。
 続いて
 リーガルスキーム

ゴスホークケン

レッツゴーキリシマ

アポロドルチェ

アポロフェニックス

エーシンフォワード

セッカチセージ

あたりが先行集団、後方から直線勝負の馬が多いのでこの位置取りを進む馬の前残りを押さえておきたいですね。
 中団から後方待機馬は
 サトノプログレス

アンダーカウンター

スプリングソング
ファリダット

ドリームシグナル

ブラックシェル

ダノンゴーゴー

サダムイダテン

ディープスカイ

 ディープスカイとファリダット 
名手武と四位騎手がどの当たりにつけていくのか楽しみです。

予想は
ディープスカイとファリダットの一騎打ちと出ました。
 ディープスカイ
ファリダット
ブラックシェル
レッツゴーキリシマ
スプリングソング
セッカチセージ

ドリームシグナル
サトノプログレス
の順
 ディープスカイを軸に三連単馬単勝負です。

クラブkeiba

CIMG0947.JPG

久々に東京競馬場に行ってきました。

ですが、肝心の分析計算用のマクロがトラブル。

参照ファイルを更新する時にエラーが出て、強制終了してしまいます。

何度やっても同じ結果に。

どうやらファイルが壊れているらしいのですが、どのシートなのか分かりません。気がつくと12時を回っています。天皇賞春のCHC投票時間締め切りが過ぎています。仕方なく今回はスピード指数分析を諦め、勘で「ドリームパスポート」にして、ファクス。メイショウサムソンかアサクサかで迷いましたが、一番人気薄を選びました。バックアップのファイルを置き換える等試しながらやっと犯人が分かりました。ウィンドウズ引っ越し以来トラブル続き、chkファイルがたまっています。何とか土曜日分の計算を出力して、時計を見ると4時。

友人が指定席を用意してくれました。2レースから参加。8レースまでは馬単のみ、9レース以降は3連単しか買わない作戦。まずは京都3レースを的中!ちょこちょこ当てていよいよ特別レース3連単に突入。単勝はは当たるのですが、2着3着どちらかが抜けます。じっと我慢、前半の貯金を使い果たし、いよいよ負けを覚悟した東京最終レース、やっと59300円の3連単的中!どうにかプラスを確保、作戦成功です。青葉賞と京都の朱雀ステークスは本当に惜しかったです。

友人は筋金入りの競馬通。スタンドから大声で応援。新潟競馬の8レースで1ー5が決まった瞬間「これぞ越後(イチゴ)馬券、地球の裏側までそのまま~」と叫ぶと思わず周囲からどっと笑い、しばらくして拍手がわきあがりました。恥ずかしさを通り越して、思わず私も拍手。

それにしてもいつもとは違うアングルからの眺めは最高です。

桜花賞

CIMG0813.JPGCIMG0810.JPG今年の桜花賞はこれと言った本命不在。しかも武豊の騎乗馬ポルトフィーノが取り消し。
偏差値予想は、ソーマジックに二重丸と出ました。
意外と人気馬の評価が低いので、さすがに不安になりましたが、調べてみるとソーマジックかなり強い事が分かりました。
一着固定流しで、オッズをみると、どれも大変な配当。一番人気のない組み合わせでは100万を超えるものも。
ところが結果は、なんと15番18番の後ゴール前で鋭く伸びたソーマジックが3着。マルチにしておけば・・と思ってよく見たら2着が18番。まったく予想外でした。配当3連単に場内どよめきが。なんと700万馬券。
すると目の前を一人の若者が、携帯で話しながら、取った取った!、バッチリ! 予想通り!等と、言いながら横切るではありませんか、「そうそうこれって100円で700万なの?」
おもわず周りの人は顔を見合わせて、苦笑い。
それにしても、今日は大荒れの一日でした。

マクロの残骸

 プログラムの知識がないので、表計算ソフトのマクロを使って競馬データ分析をしています。思いついたらすぐ実行して、後で取捨選択します。ところが要らなくなったファイルをいつか使うだろうと消さずに残しておくものですから、マクロファイルは蜘蛛の巣が張ったようになって、私のデスク周りと同じく何がなんだか。モジュールの名前もわかりやすくつけたつもりが、気がつくと似たようなものばかり。出馬ラッシュで予想を超える頭数が出走して、エラーになったのを修正するのに手こずりました。
今日は553頭も出走します。各レースほとんどが16頭18頭フルゲートです。それだけ波乱の要素もあるのでしょうが、先週からの運気が良いので、流れに上手く乗りたいところです。
 結局問題はマクロではなかったのですが、そろそろ整理整頓しなければ。