アンケートご協力有り難うございます。

昨年は大勢の方にアンケートご記入いただきました。今年も早速いただき有り難うございます。
混み合っている時間帯にはご迷惑をおかけするかもしれません。
そろそろリニューアルしなければと思っております。
録音作品も増やします。
宜しくお願いいたします。

新橋レッドペッパー講談ライブ 田辺凌鶴

前回面白かったので、今月は友人を誘って見てきました。
6年間、毎月新作をおろしているそうです。
今日の新作講談は竜巻の研究で世界的権威の藤田 哲也さんのお話し。
気象予報士の友人を誘えば、よかったかと思いました。

友人が知人の店を予約してあったので、終演後の感想会には出席せず、宴席へ。

家にもどったら!!

部屋がぐちゃぐちゃに!!
留守して先ほど家に着きました。
大変大変!と家人の声が。
何が起こったかと行ってみると、部屋の中がぐちゃぐちゃに。
畳んだ洗濯物や、布団が崩れています。
幸い割れ物などは大丈夫でしたが、揺れの大きさを物語っています。
この地域は震度3か4のはず。
大事に至らなくてよかったです。

今日はアポロ君と富士山麓へ。
あいにくの天気でしたが、1時間ほど晴れ間があって、富士山が笠雲をかぶって姿を現しました。
笠雲の富士山をバックにポーズ

講談ライブ!

新橋レッドペッパーという小さなお店でのライブ。
講談では久しぶりの男性真打ち誕生と言うことで話題になった田辺凌鶴さん。
聞いてきました。

リズミカルで心地よい、独特の講談の口調!

講談界では声優仲間の一龍斎春水さんや、同門の貞友さんが真打ちとして活躍されていますが、
男性真打ちは24年ぶりとか。

演劇部の後輩達から、応援要請の手紙をもらって知りました。
真打ち披露公演には行けませんでしたが、何とか11月の出演に間に合いました。

こじんまりした会場の家族的な雰囲気での一席となりました。
たたみかけるところの迫力は見応えがあります。

古典が一本と新作が一本。
毎月一本新作をおろしているそうです。
なんと、昨日が104本目!
オペラ「お蝶夫人」を世界中で2千回にわたり公演した国際的オペラ歌手・三浦環伝!
面白かったです(拍手!!)

終演後は全員で一杯やりながら、お話ししました。
私はもちろんノンアルコールですが・・

真打ち田辺凌鶴さん 真打ち披露興行のチラシ

緊張の朗読フェスティバル参加 有り難うございます。

終わった後、楯岡さんと二人で、今回は緊張したね~と声が揃ってしまいました。
6月の再演と言うことで、通常の舞台なら二日目にあたるわけで、初日とは違った緊張が間を開けてやってきた、そんな感じなのでしょうか。
しかも、再演はないと思っていたので、気持ちを再起動するのが大変でした。
稽古中、覚えているはずの台詞が、出てこない・・
舞台はお客様と共に創造するもの、
回を重ねて練り上げるもの、
作品はまだ産声を上げたばかりです。
大きく育てていければいいなと思っています。

それにしても足元の悪い中、大勢のお客様に来ていただき感謝の気持ちで一杯です。
お手伝いくださった方にも改めてお礼申し上げます。
西東京朗読フェスティバル参加

江波正人26歳 この日の為に?7キロ減量! 楯岡真弓さん キジムナーの約束

「頭の良さ」テスト

「頭のよさ」テスト

芝居や映画、寄席や、朗読会等の客席で、気持ちよさそうに寝入っているお客さんをよく見かけます。
寝ているお客さんを責めるつもりはありません。私もよく寝ます!
そりゃ体調の悪い時もありますし、作品や語り手への興味のあるなしでついうとうとしてしまうことは誰でもあります。
ところが、いつも不思議に思うのは寝ている人の隣で、目を潤ませて聴き入っている人がいることです。

私も以前、こっくりして目が覚め、隣の人の冷たい視線を感じたことがありました。ちらりと見ると、真剣に聴き入っています。その人の目を見て、この人とは、何かが違うと感じました。

医師本田真美さんが書いた「頭のよさ」テストと言う本を読んでその謎が解けました。
この本によれば、「人にはそれぞれ「認知特性」(外界からの情報を頭の中で理解したり、整理したり、記憶したり、表現したりする方法)がある。同じことを聞いても、同じように理解するわけではなく、人にはそれぞれ生まれ持った思考や認知の好みがある」・・・そうなのです。
認知特性は、「見た情報」を処理するのが得意な視覚優位者、「読んだ言葉」を処理するのが得意な言語優位者、「聞いた情報」を処理するのが得意聴覚優位者、この三つのタイプにわかれるとあります。
たとえば歴史の本を読む時、当時の戦いの場面や城をイメージしやすいのは視覚優位者で、家系図や登場人物の相関図のほうが浮かびやすい人は言語優位者、と同じ本を読んでいても感じ方は全く違うらしいのです。
なるほど、これで、これまでの疑問がすべて氷解しました。
これでいくと私は視覚優位で、登場人物の顔や風景を想像しながら本を読みます。家系図を思い浮かべたことはありませんし、むしろ相関関係が複雑な戦国時代の女性が主人公の話は苦手です。

この特性の違いが表現にも出て来るのだと思います。
映像化されたイメージを伝えようとする人、作品を研究分析しそれを伝えようとする人、文章を音楽のようにとらえ、メロディアスに伝えようとする人、それぞれの認知特性が現れているような気がします。

眠気の原因は、視覚優位な人の表現を、聴覚優位の人が聞く、言語優位の人の表現を、視覚優位な人が聞く、さらに聴覚優位な・・・
もちろん一人のお客さんも寝ないお芝居は沢山あるわけですから、面白ければ関係ない・・・に違いありませんが・・

さて 明日の舞台は・・
お客様の反応はいかに?!

楯岡さんの語りのコンサート二十周年記念公演

DVDが届きました!
詩の朗読を二人で 二十周年おめでとうございます。
いよいよ開幕! 海紅豆咲く頃

語りのコンサート 『今日われ生きてあり』
キジムナーの約束

津軽三味線の山本竹勇さんとピアノの中山葉子さんとフィナーレ
 
楯岡さんはじめ関係者の皆様お疲れ様でした。そして満員のお客様ありがとうございます!

 

有り難うございます!

楯岡さんの語りのコンサート20周年記念公演無事お開きとなりました。
多くの人に支えられ、見守られ、愛され、育まれ、この日を迎える事が出来たのです。
参加出来て幸せでした。
30年、に向かって新たなスタートです。

最後の稽古

いよいよ明日本番を迎えます。
西の方から梅雨入りの予報もあって空模様が心配です。
チケットは完売!
20周年記念公演!
足を引っ張らないように気を引き締めて、そろそろ寝ます。

語りのコンサート本番間近!

「舞台はいつも綱渡り」の著者 楯岡真弓さんの語りのコンサート。
稽古も追い込みに入りました。
当日券はありますが、前売り券はほぼ完売だそうです。
私も親しい人にしか声をかけてませんが、お時間に余裕のある方は是非観に来て下さい。
楯岡さんは放送の仕事はほとんどしていませんが、語りと朗読のステージを様々な場所で開いています。
お客さんに支えられた円熟した語り口は本物の味わいがあります。

津軽三味線の山本さんとピアノの中山さんがゲストとして20周年公演に華を添えます。

楯岡真弓語りのコンサート

楯岡真弓語りのコンサート

語りのコンサート

場所 東久留米市滝山4-1-10 【地図】
電話 042-471-7210
最寄り駅 西武新宿線 花小金井 小平 徒歩だと25分近くかかる?
バスは
JR武蔵小金井駅・西部線、花小金井駅・東久留米駅・清瀬駅 から 滝山営業所行き または 久留米西団地行き、で「団地センター前」下車徒歩1分
JR武蔵小金井駅から 東久留米駅行き(錦城高校経由)で滝山団地中央で下車徒歩2分
施設の駐車場は身障者用のみ、付近に有料駐車場はあります。