久しぶりに江戸川乱歩を読みました。聞いて下さい。

江戸川乱歩「木馬は廻る」 朗読カフェ喜多川拓郎朗読

https://youtu.be/J0QSP-mc1Ig

時間39.53

登録日 May 21, 2019

ラッパ吹き 格二郎 の 恋心

面白いので、そのまま公開しました。40分あります。お時間のある時に聞いて下さい。

「ここはお国を何百里、離れて遠き満洲まんしゅうの……」
ガラガラ、ゴットン、ガラガラ、ゴットン、廻転木馬はまわるのだ。
今年五十幾歳いくさい格二郎かくじろうは、好きからなったラッパ吹きで、昔はそれでも、郷里の町の活動館の花形音楽師だったのが、やがてはやり出した管絃楽というものに、けおされて、「ここはお国」や「風と波と」では、一向いっこう雇い手がなく、遂には披露目やの、徒歩楽隊となり下って、十幾年のなが年月としつきを荒い浮世うきよの波風に洗われながら、日にち毎日、道行く人の嘲笑ちょうしょうまととなって、でも、好きなラッパが離されず、仮令たとい離そうと思ったところで、ほかにたつきの道とてはなく、一つは好きの道、一つは仕様事しようことなしの、楽隊暮しを続けているのだった。

宮沢賢治「紫紺染について」 朗読カフェ 喜多川拓郎朗読 読み直しました。

宮沢賢治「紫紺染について」 朗読カフェ喜多川拓郎朗読

https://youtu.be/IaZHu8DuScw

時間 17.58

登録日May 13, 2019

なんと、母乳代わりにお酒で育った山男が出てくるお話。

「いい気になる」怖さ!

遠くからお見えになった皆様ありがとうございます。

今回は録音会を一緒にやりました。

いろいろな方に参加していただきたいとの思いでスタートした活動ですが、とても刺激を受けています。

やってて良かったなと思える、方々に加わっていただきますます充実しています。

ともかく朗読カフェです。

旬の素材を、旬の語り手、朗読家が、調理しお話しとして提供する。

お客さんの好みに合えばそれが何よりです。

毎回次のライブのお題は何ですか?メンバーからも聴かれますが、特にありませんと答えています。

メンバーも出来れば入れ替え制にしたいと思っています。

何度もやっていると、安心して、いつの間にか、いい気になってしまいます。

私もそうです。いい気になったらお仕舞いです。

朗読カフェ鳴り物 鳴り物

今回デビューした鳴り物ハピドラム。

何とも言えない不思議な音がでる楽器です。

鈴やベルも沢山集めました。

なにやらいわくがありそうな呼び鈴を、全員が鳴らして、お話しの世界にお客様を誘う・・

音の世界、想像力のトビラが開く・・

そんな風に時空移動ができればいいなと思ったのですが、全員が集まる稽古が出来ず、今回は断念しました。

次回はアイデアが浮かびましたので、お楽しみに。

失敗を積み重ねて、少しでも楽しい会にしていきたいと思っています。