ジャムおじさんのお宅で、お味噌の会合!

先日手作り味噌の会「みそひともんちゃく」の会合がありました。
場所は増岡弘邸。
なななんと、ジャムおじさんのお宅で、お味噌の会合!

お味噌の会は 今回で34年目、私が参加するようになって、27年目です!!
発起人は増岡弘さん。
何時の頃からか、しゃれで、増岡さんを「開祖」と呼ぶようになり、メンバーも古い順に、
雲上人 殿上人 献上人 と続き
さらに
懸命人 修業人 ・・・と
大相撲のような番付が出来ました。
これも、玄人はだしの落語名人、増岡さん一流のユーモア、しゃれです。

私はいつのまにか、雲上人!(これもしゃれ)
年に一度の総会(大祭)に向けて雲上人が開祖宅に集まって会報編集会議です。

例によって開祖お手製のお料理 お酒をごちそうになりながら、いつの間にかカラオケ大会に、
開祖の歌を初めて聞きました!
手作り味噌のような味のある歌声に気持ちよく酔いがまわりました。

開祖に、今年は会報の編集を手伝って欲しいと言われ、お宅で栽培した赤カブの酢漬けに舌鼓をうっていた私は、思わず「喜んで!」と返事をしてしまいました!

家に帰る途中、よくよく考えたら、未経験!
会報はたしかB4二つ折り、もしくはA3、プリントは家では出来ないし・・どうするんだろ???
しまった!と思いましたがあとの祭り。

家に戻りさっそく昨年の会報から、ロゴや挿絵などをスキャンして取り込みました。
さてさて、ソフトは何を使うか??

組み込みはなんとかなりそうですが、問題は出力です。
プリントサービスをネットで探すと、PDF入稿受付が結構出て来ました。

PDFファイル、このところ大活躍しています。
ほとんど使い道がなかったので専用ソフトを導入していません。
ですから仕事原稿がPDFでくると、そのままプリントするしかなく、正直やっかいきわまりないと思っていました。
ところが、自炊以来PDFの出番が急激に増えて、私のデスクトップでも存在感がグンとアップしています。

一太郎からPDFに書き出せるので、一太郎を使ってみることに。
原稿が次々メールで届き、流し込んではプレビューすると、結構な出来です。

これを冊子に印刷するには、どうすれば良いのでしょう・・
と、プリンターに小冊子印刷機能がついていると言うではありませんんか。

A4用紙二つ折りでやってみると、なんと簡単にできる!!
これは台本印刷にピッタリです。
特に稽古用の台本ならこれで充分です。
驚きました。

さらに、なななんと、セブンイレブンのマルチコピー機に小冊子印刷機能があると言う情報を発見。
しかもPDFデータから出力できる!

早速近くの7イレブンに!
USBメモリを差し込んで、設定すると・・
ウォ!感激です。出来ました。
100部以上だと大変でしょうが、少部数なら充分です。
家のコピー用紙より上質紙で、印刷も綺麗です。

さて今年のお味噌の出来はどうでしょうか?
2回目の最優秀賞なるか!

味噌樽の開封は年明けです。
どんな味に育っているか、楽しみ!!

穴窯会

アニメ作品に出演しました。

宮野君は久々に一緒になりました。
配役は・・個性派、実力派、が勢揃い!
その中に入っていくのは緊張します。
以前アニメで三国志をやった時は徐庶?と言う軍師の役でしたが、これまでの作品とは視点が違い耳になじみのない名前の役がずらりと並んでいます。
台本と絵コンテをもらい、資料を調べました。
さすが三国志、台本が漢字だらけで、ルビがないと読めません!
My三国志百科事典と You Tubeがあって助かりました。
仕事の前に味噌の会の樋口さんや増岡さん、大塚先生の展覧会、「あながま会」に顔を出そうとモリエールに寄ったら、なんと明日から。
今日は絵の個展でした。来週月曜日か火曜日にでも行こうかと思っています。
合戦シーンが多く、台詞収録後のガヤが大変でした。最後の挨拶の声がみんなかすれてました。
待ち時間に、テアトルエコー沢りつおさんとお話が出来て今日は幸運でした。大ベテランでも年齢を感じさせないパワーの秘密は好奇心、70才からタップを習い始め、トランペットや三味線の稽古をし、さらにカメラの腕はプロ級だとか・・恐るべし
それにしても出演者に女性が一人もいないのは寂しいですね。

味噌の出来上がり

味噌作りの話題が続きますが、「まんが、キリスト教の歴史」の作者樋口さんからメールを頂きました。
なんと同じ日に仕込んだそうです。偶然ですね。冷え込んだ日で美味しい味噌ができるのではないでしょうか。さすが手作り味噌のベテランですね。
ブログ萬雅堂便りに詳しくのっています。
http://d.hatena.ne.jp/manga-do/そうそう、お味噌の会で無理を言ってサインして頂きました。
キリスト教の歴史と言えばヨーロッパ、世界の歴史と言っても良いくらいですよね。
私の苦手な分野でしたが、読みやすい上とても親切に優しく描かれています。
もっと早くこれがあれば、世界史の偏差値間違いなく上がったのになぁ~
IMGP0945_s.jpg
さてさて米味噌を開けてみました。
良い色になっております。
袋を開くと、良い香り。
IMGP0941m_s.jpg
いやぁなんとも言えません。
手前味噌ではありますが、美味しいのなんのって、味見のつもりが、つい量が多くなってしまいます。
多少塩分控えめにしてますが、食べ過ぎは良くありません。
IMGP0943_s.jpg
香りまでお伝えできないのが残念です。

味噌つくり

さぁ年に一度の味噌仕込みです。
IMGP0923_s.jpg
必要な道具はお鍋に、あたり鉢、棒、それと大豆に麦(米)麹(塩キリずみ)それと厚めのビニール袋。
まずはお豆(大豆)をくみ置きしてカルキを抜いた水に一晩浸しておきます。
水は多めに入れます。
IMGP0918_s.jpg
多めに入れたつもりでも水がなくなっているので吃驚します。
一晩でこんなに成長しました。これで大豆一升分です。
IMGP0926_s.jpg
IMGP0928_s.jpg
そして先ほどの鍋で、煮るのですが、これがちょっと時間がかかります。
灰汁をとりながら弱火で、ほぼ一晩煮込みます。
ちょっと火が強いと、焦がしてしまうので注意しながらじっくり煮ます。
圧力鍋ならあっという間に出来ますが、増岡開祖はお勧めしないと言ってます。
圧力鍋を使うと色が良くないそうです。
指ではさんでつぶれるくらい柔らかく煮えたら、さまして、先ほどのあたり鉢でじっくりつぶします。
IMGP0932_s.jpg
つぶして団子状にしました。
IMGP0934_s.jpg
これに麹と塩をまぜます。
粘土をこねるような感じで、よっく混ぜます。
これをまたお団子状にします。
そしてビニール袋に空気が混ざらないように、団子状の味噌の元を力一杯たたきつけるように投げ入れます。どうしても端に空気が混じりやすいので、上手く抜きながら、ひもで縛ります。
IMGP0937_s.jpg
これを一年風通しの良い場所に寝かせておけば美味しい味噌の出来上がりです。
袋は二重にした方が良いですね。
発酵してくると厚めのビニール袋でもパンパンになって、漏れてきます。
時々天地返しをしてあげればもっと美味しくなるそうです。

超簡単味噌作り

さてさて仕分けた味噌を開いて味噌作りの下準備。
ちょっと見にくいかもしれませんが、
材料のご紹介まずは大豆と塩どちらも国産。
大豆は埼玉産で、塩は天然のお塩、どちらも手に入りにくいそうです。
味噌材料塩
そしてこちらが麹屋さんが朝届けてくれた味噌の元「麹」米と麦がありますがこれは麦です。
味噌材料麹
下準備まずなにはともあれ麹と塩を混ぜておきます。
こうしておかないと麹はたちまち発酵して黴びてしまうのです。
塩と混ぜておくとしばらくは大丈夫です。
味噌材料
これで下準備完了。
次は味噌の仕込み。これは次回またご紹介します。
同じ材料同じ仕込み方なのに、色、香り、味、全て違うものに仕上がるのですから面白いですね。
水や置いておく場所、温度などによって変わるのでしょうが・・
でも自分で漬けた味噌が一番美味しいと思うのは誰でも一緒のようです。

みそひともんちゃく

今年も行ってきました。
お味噌の会その名も「みそひともんちゃく」
開祖のお宅に午前9時集合。
まとめ買いした材料の仕分け作業から。
なんせ正真正銘非営利なので、全員ボランティア。
開祖を始め全員がこの日ばかりは早起きしてせっせと働きます。
ご褒美に開祖特性豚汁とおにぎりが振る舞われます。
ごちそうさまでした!!
大豆(今年は埼玉産)麹が麦と米、そして塩(天然の塩)
大豆が重いので大変です。大きさ重さは毎年同じでもだんだん重く感じるのは年のせいでしょうね。
会員の雲上人-会は厳しい階級制になっているのです(笑)-樋口雅一さんのブログ「萬画堂」便りにも審査の模様が紹介されています。

まず大豆を袋から出します。

そしてお手製の簡単仕分け機で、一升ずつ分けていきます。
同じように塩も500グラムずつ分けます。

今度は会員のオーダーに合わせて仕分け。
どうしても出席できない人の為に宅配便の荷造りや伝票の手配も。
これが意外と重労働なんですね。
一人で一斗といった大口の人も何人か。

最優秀味噌の栄冠に輝いた方に送られる手前優勝味噌トロフィー。

それぞれが持ち寄った手料理に舌鼓をうちながら審査結果を待ちます。
外では恒例のお餅つき。

そして慎重な審査の結果今年の最優秀味噌の発表と表彰!
審査の模様は「樋口雅一」さんのブログ「萬雅堂」便りを見てください。

これが究極の手作り味噌。
うまいぞ~!!

こうして今年も爽やかな満腹感と疲労感に満たされて帰路につきました。
年に一度の至福の一日です。