声の悩み

大発見です。

私も年を重ね、どっからどう見てもおじいちゃんになりました。
若いときから指摘されていた猫背が、さらにひどくなり、背骨が湾曲しているのではと悩んでいました。
その上 巻肩なので上を向いて歩くような気分にはなれません。
股関節は硬く、前屈ピタはあきらめるしかない身体。

自信のあった声もここ数年、トレーニングを休むと直ぐ、震えたりひっくり返ったりかすれたりと悩みは深まるばかり。

でも、その悩みが解消したのです。

全ての原因は首にあったのです。

生まれて直ぐの赤ちゃんは、首が据わっていません。

ぐにゃぐにゃで、手の平で包むように支えてあげないと身体を起こすことも出来ません。

年を重ねた私も、同じように首が据わっていなかったのです。
頭の重さは成人で5キロ以上あると言われています。

身体のパーツとしては一番重いのが、頭です。
それを一番上にのっけているのですから、いかにバランスが大事かがわかります。

首を支える筋肉が衰えているのです。
近くの公園に行って、散歩しているお年寄りをよくみると、姿勢の良い人は首が据わっています。
猫背の人は、顎が上がり、首がぐらぐらしています。
首が、生まれたての赤ちゃんに戻っているのです。

「泣く子は育つ」と言いますが、赤ちゃんは、泣くことが仕事です。
おっぱいを飲み呼吸をする以外は泣くだけです。
首が据わるまでの運動はこの三つ。
鼻呼吸、吸啜、泣く。

閃きました。赤ちゃんに学ぼう!!

早速トレーニングに取り入れました。
鼻呼吸、口呼吸はやめる。
吸啜 ミルクを吸い込む口の動き 軟口蓋と舌の動き 唇を上下に圧着する事を意識して
泣く 大声で泣いてみました。大人のように悲しくて泣くのではなく、お腹が空いたとお母さんを呼ぶように。
   えーんえ~んとやってみました。

集中してやってみると、なんと声は甦り、巻肩は直り、姿勢もよくなっているではありませんか。

急に長時間やったために私は腰痛になりました。(やりすぎに注意)
本当の話です。PT(理学療法師)の娘の診断では、骨盤の傾きが変わった為とのことでした。

これまで喉仏を下げよう下げようと意識していましたが、それだけでは、声は安定しません。

安定させるには、身体を支えるセグメントを意識する必要があったのです。

関節の動きを良くしたり、身体の動きをコントロールするセグメントと
身体を支えているセグメントとがあります。

足の裏 手の平 骨盤底筋群 横隔膜 顎舌骨筋

これらは二足歩行の人間が地球の重力と拮抗するための身体のパーツです。
ここが緊張すると、力んだ状態になり、身体の動きは悪くなります。
弛緩すると、動きやすくなりますが、力は入りません。

ただし首が据わっていなければ、身体は安定しないのです。

お腹から声を出せ 丹田を意識しろ、頭を吊られたように・・等
声楽や、ボイトレで いろいろな先生から言われてきたことが、全て繋がりました。

半日断食、ついに-9キロ!

体重計に乗るのが楽しくなる!
今朝計りに乗ると、何と全盛時の体重マイナス9キロ!!
快挙です。これまでは半分あきらめていたのですが、驚きました。
お正月休みに、大好きなお雑煮を結構食べたので、増えたかと思いましたが、無事乗り切りました。
こうなると体重が増えるのが、怖いとまでは言いませんが、不愉快な気分です。
BMIはまだまだゆとりがあります。
ただし内臓脂肪は、やや過剰のまま。
半日断食を始めた当初は、急激な変化に身体が戸惑っているように疲れを感じましたが、
今は快調です。
昨夜の新年会の余興の大声コンテストで圧勝しましたし、良いことだらけです。

家にもどったら!!

部屋がぐちゃぐちゃに!!
留守して先ほど家に着きました。
大変大変!と家人の声が。
何が起こったかと行ってみると、部屋の中がぐちゃぐちゃに。
畳んだ洗濯物や、布団が崩れています。
幸い割れ物などは大丈夫でしたが、揺れの大きさを物語っています。
この地域は震度3か4のはず。
大事に至らなくてよかったです。

今日はアポロ君と富士山麓へ。
あいにくの天気でしたが、1時間ほど晴れ間があって、富士山が笠雲をかぶって姿を現しました。
笠雲の富士山をバックにポーズ

半日断食続行中!

朗読フェスティバルに参加する朝。
体重計に乗ったら何と、77.7キロ!!
こいつは朝から縁起の良い数字ではありませんか!
一月前は85キロだったのですから、驚きです。
26歳の役をやるので、それに合わせての減量・・なら美しいのですが、
それだけではないのがちょっと残念です(笑)

半日断食という本を読んで、それを実行しているのですが、ここまで体重が減るとは予想もしませんでした。
着れなくなって捨てようとしていたジャケットに袖を通すと、ピッタリ。
ですが、今はいているズボンがズルズル!
ベルトをしないと落ちてきそうです。

急激に体重が減ったので、みんな心配してくれますが、中にはこんな人もいました。
「背が伸びましたか?」一年ぶりに会ったディレクター
しゃれかと思ったらマジメな顔をしていたので、思わず笑ってしまいました。

体重計に乗るのが楽しくなりました。
断食当初は、筋肉量が減って、次に体脂肪、内臓脂肪はなかなか減りません。
まだやや過剰と表示されます。

朝は、野菜ジュースと水、果実程度
昼と夜は普通に食べています。
白米は今までの半分以下になりました。

もともとお酒はのみません。

ただ困るのが、先日のような、12時間もかかる仕事!
お昼を軽くとっただけだったので、仕事中お腹が鳴って困りました。
食事休憩なしで、終わって深夜に、食事しようとしましたが、食べられませんでした。

今までならどんなに遅くなっても、食事はしました。
おそらくラーメンかなにかを大盛りで食べていたと思います。

さていつまで続くかこうご期待!

半日断食 あっと驚く6キロ減量!

今日のアポロ君 首をかしげて??
本当にそんなに痩せたの?
そうは見えないと言いたそうなアポロ君。
でも、朝食抜きの生活で、一月で6キロ痩せました!
これには私も驚きました。しかし友人達からは病気ではないかと心配されています。
昼食夕食ともに、ご飯の量を減らすように心がけてはいますが、それ以外は今までとほとんど変わりません。
ただ間食はしなくなりました。
ただし、タニタのヘルスメーターで計ると、内臓脂肪がなかなか減りません。
これが手強そうです。
落ち葉が あっという間に枯れ葉に
近くの公園に毎年やってくる、マガモ、オナガ、賑やかになりました。
冬鳥がやってきました。 今年もマガモ、オナガなど冬の鳥が飛来しました
自炊大作戦の経過報告
手元にある、本150冊分を裁断、スキャニングして、nexus7に入れました。
レンタルした裁断機とスキャナーは、期日通り10日間で返却しました。
あれば便利ですが、今のところレンタルでいこうと思っています。

奇跡が起こる半日断食

店頭で目にして気になっていた南雲吉則著
「50 歳を越えても30代に見える生き方」を読みました。
お医者さんが書いた本だけに説得力があります。
ついでに
「50歳を越えても30代に見える食事」も買いました。
どちらも、生活習慣と食事を変えれば、健康になるという内容です。
さらに、この本では、免疫を高めすぎるのも問題と書かれているので、
免疫学専門の先生、安保徹著
「人がガンになるたった2つの条件」も読みました。
病気の原因は食事を含めた生活全般にある。
生活を変えれば、病気も治るという内容です。
この中で、「一日青汁一杯で15年生活している女性がいる」と紹介されていて驚きました。

このところよく言われるのが、「糖質悪玉論」ラーメンライス大好きな私には頭の痛い栄養理論です。
そういえば、先日CMの仕事で「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」の製品の紹介をしたばかりです。

南雲先生は、「一日一食」お腹がグウッと鳴ったら食べる。お腹が空いてもグウッと鳴らなければ食べてはダメ。
あるいは、腹六分目で、一日三食、一汁一菜、果物野菜は皮ごと、肉はやめて小魚を丸ごといただく。
ともかく食べ過ぎに問題があると言うことはわかりました。

そこで、今度は、甲田光雄著「奇跡が起こる半日断食」これは、朝食抜きの生活をすると、奇跡が起こると

過食、飽食に身体が適応した結果、病気になる・・

良いと思ったら直ぐ実行!
南雲式一日一食はきつそうなので、まずは半日断食、朝食抜きの生活に挑戦だ!
目指せBMI22!
着る服がなくなるぞ~!

あいうべ

「口の粘膜から免疫を高める方法がわかった!あいうべ」今井一彰著
口呼吸が身体に良くないのは理解していましたが、アレルギーの原因になっていたとは知りませんでした。リューマチまでよくなった症例があるのには驚きました。先日リューマチが治る画期的な新薬の紹介をしたばかりです。免疫をコントロールするので、副作用が心配なのですが、もし口呼吸をやめるだけで治るのならこんないい話はありません。
口呼吸だと口が渇き身体にストレスがかかった状態になり自律神経のバランスが崩れ、口の中に雑菌が繁殖し、免疫に異常が起きるのだそうです。
さて、その口呼吸をやめる方法です。口を大きく「ア」「イ」「ウ」の形に開いて口輪筋を強化することが第一。パタカラと共通しています。次が舌を「ベ~」と下に突き出すトレーニング、名付けてあいうべ体操。舌を突き出す筋肉を鍛え、舌を上顎に密着させれば、口から空気は吸い込めません。口呼吸の人の多くは舌の位置が前に出て歯に当たっているそうです。
さて皆さんの舌の先は今どこにありますか?歯に当たっている人は要注意です。常に口をポカンと開けている人は、しっかり口を閉じ、舌は上顎の硬口蓋に常に密着させる。問題は鼻づまりの人です。すでに花粉症などを発症していて、鼻が詰まっていると、鼻呼吸出来ません。私も随分苦しみました。手術までしたのですが、それでは治らず、後に鼻うがいと漢方薬で克服しました。ステロイド剤の吸入器を使った時期もありましたが、今は薬も鼻うがいも必要なくなりました。ただその時の癖なのか、口を開けていることが多く寝ている時は口呼吸になっています。筋力は一日ではつきません。そんな人は口テープが有効だそうです。
思い立ったが吉日、今夜から口テープで寝ることに・・効果は後日、お楽しみに・・

小ガモが六羽に


厳しい生存競争!!
九羽で生まれた兄弟も、六羽に。野良猫やカラス等、小ガモをおそった犯人は分かりませんが、意外にも池の水の中の生物との見方が有力です。外来種のブルーギルなどは池の浚渫工事で駆除されましたが、その時冬眠して土に潜っていた亀類は無事。こんなに大きくなった小ガモを一呑みする亀なんて!?
飛べるようになるまではまだまだ油断できません。
アポロ コーギー
心配だよね!!

自分で判断するしかない

放射能物質の飛散。
私のように普段と変わらない生活をする人もいれば、
外出には必ずマスクをする人、西の方に移転する人もいるようです。

近所の人に教えてもらいました。
線量の細かなデータがあります。
心配な人は出かける前にチェックしてみたらどうでしょう。
風向きが一番問題なようです。
それと雨には注意が必要ですね。
文科省が公表している情報を元に日本全国の放射能値をグラフ化
都内の環境放射線測定結果 > 最新グラフ

ようやく春の陽射しが戻って来ました。

木蓮八重桜満開法面にさく小さな花小さな花2小さな花
竹内久美子さんのシンメトリーに関する本を3冊一気に読みました。
気の遠くなるように細かい動物行動学の研究も、切り口を変えるとこんなに面白くなるんですね。
それにしてもシンメトリー、いままで不可解だった事が、すべてつながりました。
ミステリー小説で迷宮入りしそうな事件の犯人が捕まった時のようなそんな気分です。
本を読み出すと、止まらなくなります。
特に電車の移動時間がもったいない気がして、内田樹さんの「日本辺境論」も読みました。
久しぶりに、読み応えのある一冊です。こちらも「なるほどなぁ」と感心するばかりです。
これは、リリーディングしてみようと思います。特に日本語の特殊性については、仕事にも大いに関係する事でもあるので。
さて明日からは何を読みましょうか・・