Archive for 競馬G1ノート

有馬記念

2007年競馬G1ノートもラストになりました。
 今年はどのレースも大本命不在で、大穴続出、波乱の一年でした。
私のG1成績はここまで単勝は4勝。複勝が8つ、収支はもちろんプラスです。G1に限っては、この5年間連続プラス(!自慢!)有馬記念を完全的中させて、締めくくりたいところです。
 なんと言ってもウオッカとダイワスカーレットの活躍が印象に残りました。特にウオッカは牝馬として半世紀ぶりにダービー制覇(的中)3歳牝馬のレベルの高さを際だたせました。堂々のファン投票一位です。ウオッカに負けた3歳牡馬勢(サンツェッペリン)は男を上げたいところですが、厳しいでしょう。ロックドゥカンプも斤量有利で人気ですが(菊花賞3着)過信は禁物です。
 さて問題は古馬との比較です。
 エリザベス女王杯を疾病の為取り消した後、ジャパンカップに出走。初めて古馬に挑んだウオッカは最後方から、猛然と追い込みますが、届かず4着。しかし直線の上がりは最速でした。このレースが3歳馬と古馬との力の差をはかる物差しです。メイショーサムソンをもう少しで交わせそうな勢いでした。あれを見ると今度はウオッカに期待したくなりますが、圧倒的に不利な中山の大外枠を引いてしまいました。53キロのハンデはこれで帳消しになりそうです。
 一方ポップロックを交わしきれなかったメイショーサムソンは距離の限界を微妙に超えているのではと言われてます。天才武豊の手綱さばきが見物です。
 距離の壁と言えばマイル得意のダイワメジャー。芝の8勝は2000メートル以下のもの。それ以上になると3着が一度あるだけです。鞍上はデムーロ騎手、こちらもどんなレースをするのか楽しみです。
ジャパンカップ組では今回最内枠を引いたメイショーサムソンがやや有利でしょうか。
もう一つの注目は安藤勝巳騎手の年間G1最多勝記録更新なるか!
勝ち数では武豊に及びませんが、勝率、複勝率ではダントツ、抜群の安定感です。特に今年の中山での成績は素晴らしく、なんと勝率35%!!複勝率は55%です。今年全レースではそれぞれ24%52%です。
ダイワスカーレットの逃げ切りはあるのでしょうか!!
展開は
ダイワスカーレット
コスモバルク
ダイワメジャー
レゴラス
が先団、有力馬も前に行くので、ペースは速めか?
偏差値順では
メイショウサムソンがトップで以下
ポップロック
ダイワメジャー
デルタブルース
チョウサン
マツリダゴッホ
ダイワスカーレット
インティライミ
ウオッカ
の順です。
単勝はメイショーサムソンにしました。

ジャパンカップ

KBA_0003.JPG
さすがに今日は大観衆!
何故かジャパンカップだけは観戦するチャンスがあります。
新スタンドのおかげでそれほど混乱はありません。
凱旋門賞馬モンジューも見ました。
今年はちょっと残念なメンバーとなりました。
KBA_0045.JPG
パドック、岩田騎手騎乗のアドマイヤムーン。気合いがみなぎっています。
KBA_0049.JPG
一方の武騎手鞍上のメイショウサムソン。こちらも落ち着いて周回してました。
KBA_0077.JPG
一周目の1コーナー、チョウサンが逃げて、場内騒然!どよめきが起きました。
KBA_0081.JPG
ゴール前、最内から抜け出したアドマイヤ、外のメイショウ、その内にポップロック。
ファインダーをのぞきながら、「武!」と絶叫しましたが・・
結果はご存じの通り。
パドックでよく見えた、ウオッカでしたが、道中最後方、ホームの直線で、追い込みましたが、届きませんでした。

秋華賞

CIMG0190.JPG
夜のミッドタウン
このところお休みしていたG1ノート復活
単勝予想投票は「ダイワスカーレット」にしました。
前走強い勝ち方をしたのが、大きな理由ですが、よくよくレース映像をみると、ベッラレイアの前が詰まって抜けきれなかったのが幸いしたようにも見えます。
今回もこれといった逃げ馬不在なので、ハナを切るかもしれません。
2000メートルはたして、逃げ切れるでしょうか。
ウオッカが万全なら、馬券の軸はこちら。
ウオッカ を軸に3連単1着固定流し
ダイワスカーレット
ベッラレイア
ローブデコルテ
ヒシアスペン
ラブカーナ
アルコセニョーラ

宝塚記念

偏差値一位メイショーサムソンは直線でマークされたアドマイヤムーンに差しきられ、無念の2着!
斤量7キロ差の牝馬ウォッカは直線失速、ダイワメジャーはマイナス16キロの馬体重で頑張りましたが、見せ場を作ることは出来ませんでした。武豊騎手はさすがの3着。
配当的には順当だったかもしれませんが、雨の馬場、秋のG1もあれそうな予感がする夏のグランプリでした。

ダイワメジャー優勝

香港馬が強うそうでしたが、終わってみれば日本馬の上位独占。
本命に押したスズカフェニックスは届かず4着、先行して中から鋭く伸びたダイワメジャーが優勝しました。
武豊復調気配も残念な結果に終わりました。

ウオッカ優勝!!

07-05-27_12-11.jpg
今日は花園神社の大祭、まつりと言えば浅草!!
そこまで考えが回りませんでした。
ウオッカから軸一頭流し3連単まさか2着に浅草キングスとは・・
唖然呆然、レース途中から音声無しの映像を見たので逃げているのはビクトリーだとばかり思っていたら、16番でした。
全馬、体重の大幅な増減無し、間違いなくウオッカがくると確信しましたが、ビクトリーが出遅れ、
パトロールフィルムでは、スタート直後に16番によられていますが、痛恨の出遅れスタートでした。
それにしてもアドマイヤオーラの追われ方は普通ではありません。
最後直線で10メートルくらい左右にフラフラ・・

ウオッカが3番人気!!

競馬 : nikkansports.com
JRAは26日、東京優駿(日本ダービー)の前日オッズを発表した。単勝は、フサイチホウオーが1・8倍で皐月馬ヴィクトリー(8・3倍=2番人気)を圧倒している。次いで牝馬ウオッカの8・5倍。10倍を割るのは以上3頭で4番人気アドマイヤオーラは12・9倍。
***********************************
朝オッズを見たら、フサイチ一本かぶりでウオッカは10倍以上だったのが、いつの間にか3番人気に。
人気がなければ、面白いのですが、ちょっと人気になりすぎたきもします。
岩田と武の勝負にも興味がありますが、フサイチホウオーは果たして真っ直ぐ走るのか外枠がどう影響するか注目です。
ここ3年間の牡牝混合レース(牝馬戦以外の全レース)での成績をみてみると
やはり牡に比べて牝馬は平均着順が0.9着劣ります。
斤量は2キロ差ですが、着差でみるとそれでは足りないと言うことでしょう。
ただし人気との対比では、牝馬は僅かですが人気以上の成績を残しています。
牡 7.5着 7.4人気
セン 8.2着 8.4人気
牝 8.4着 8.5人気
一応上位互角ですが、順位をつければ、
ヴィクトリー
ウオッカ
フサイチホウオー
アドマイヤオーラ
ドリームジャーニー
ゴールデンダリア
サンツェッペリン
ローレルゲレイロ
フライングアップル
軸は思い切ってウオッカに期待しました。
馬券は当日馬体重を見て決めることにします。
マイナス10キロ以上なら軸にするのを考えます。

武豊オフィシャルサイトから

日記
ダービーの1週前。皐月賞で1番人気の支持をいただいたアドマイヤオーラで、どうやって巻き返そうかと考えていたところでしたが、オーナーサイドから「岩田に代えるから」と連絡があり、あっけなく騎乗馬がいなくなってしまいました。昨日の出来事でした。ジョッキーというのは、あくまでも乗せていただく立場ですから、こういうことがあっても仕方がありません。
****************
ショックなニュースです!
アドマイヤオーラとフサイチ鳳凰の皐月賞での差は、馬番の違いだけだと思っていただけに、残念です。
枠順が決まりましたが、なんと両馬が隣り合わせ!
先週やっとまともな決着になったG1戦線ですが
またまた不吉な予感が。

武豊はタスカータソルテ

枠順確定!ホウオーは7枠15番/ダービー – ニュース – ダービー特集 : nikkansports.com
 競馬の祭典、ダービー(G1、芝2400メートル、27日=東京)の枠順が24日確定し、皐月賞3着から巻き返しを狙うフサイチホウオー(牡3、栗東・松田国)は7枠15番に決まった。

今週はダービー

オークスに出てくれば一番人気になったであろウオッカが、ダービーに参戦します。
牡馬との斤量差2キロありますが、それでも牝馬は不利と言われています。
武豊と安勝の駆け引きの隙をついて勝利したビクトリアの強さは本物か・・
推理の種は尽きません。
鍵は巻き返しを狙う武豊だと思います。
前走で他馬の力を見ているので、詰めを間違えなければ、チャンス充分だとおもうのですが、
果たして・・