Archive for 朗読

滑舌相談

滑舌について

私が講師をしている「声の教室」では、滑舌に悩む多くの方からの相談が寄せ
られます。
ちょっと前、中学生のお母様から、メールが届きました。お子さんが滑舌に悩
んで、学校に行きたくないと言っているので、会って欲しいというのです。
お会いして舌をベ~と出してもらうと、先端がハート状になります。「舌小帯
短縮症」です。歯医者さんに相談するようにお願いしてお帰りいただきました。
一月後、手術したと言うので見せてもらうと、それほど変わっていません。再
度別の歯医者さんで手術をする事になりました。そして、さらに一月後、舌は良
くなったけれど、滑舌の悩みは解消されないと言うので、レッスンをする事にな
りました。舌小帯短縮症の人は、舌の先端が上手に使えません。ラやタの音が曖
昧に聞こえます。もともと舌が硬口蓋に届かないのに、滑舌を良くしようと口を
はっきり大きく開こうとするので、ますます甘くなります。また舌小帯は、手術
しても絶えず伸ばしていないと、元に戻って繋がってしまうそうです。(以前滑
舌レッスンを受講した、歯医者さんから聞いた話です)手術をしても、舌の動き
が良くなるわけではないので、トレーニングが必要です。ラ、タ、スだけでなく
母音のイやウの発音で舌の先端が下がりがちです。

 

 

舌の位置と姿勢

滑舌相談に来た先ほどの中学生は、とても姿勢が悪いのです。
舌の位置が硬口蓋に対して下がっていると書きましたが、舌の位置を硬口蓋に
つけるようにトレーニングして、前後の姿勢を比較すると驚きました。
背筋を伸ばす、お腹を張る、等様々な猫背矯正法がありますが、ワンポイント
で、これほど違うとは、吃驚しました。
通常、舌は硬口蓋についているはずなのですが、もし普段の舌の位置が下顎に
ついている人は、是非試してみて下さい。鼻呼吸も楽になるはずです。

アクセントについて

日本語のアクセント

改訂された、最新NHKのアクセント辞典では、1音節目と2音節目の違いを特に表記し
ない事になり、これまでなじんできたアクセントの記号が変わりました。
その理由
1 日本語は、例外なく1音節目2音節が違う。
2 大きく変化しない場合がある。例としてあげられていたのが、「変な男の子」と続
く場合の、「男の子」のアクセント。

1音節目と2音節目の高低差は、一定ではありません。ここに読み手側からの様々な
情報が含まれています。
例えば、
1 「この電車は○○駅には止まりません。」
2 「この電車は○○駅に止まります。」
「この電車は○○駅に」までは全く同じ文言です。
語尾が、違うだけです。
併し、これを声にすると、「この電車は」の言い方が、全く違うのです。
つまり、「この電車は、」の言い方に、止まるか、止まらないかの情報が、既に含ま
れているのです。
聞き手は、それを感じているのです。

日本語は「係り受け」が難しいと言われますが、「係る」言葉を発したときに、「受
ける」言葉の情報も一緒に発信されるのです。
それを無視した、朗読や音読に、聴き手がストレスを感じるのはそのためです。

綺麗に発音しようとか、正しく発音しよう等と考えて音読すると、肝心な情報が失わ
てしまうと考えています。

AIが身近になって、音声で会話できるようになりました。
そのうち朗読もするようになるでしょう。

負けないようにしたいと思います。

宮沢賢治「シグナルとシグナレス」

https://youtu.be/lQHb4DbTx6U

宮沢賢治作品「シグナルとシグナレス」

 

宮沢賢治「水仙月の四日」朗読しました。

宮沢賢治「耕耘部の時計」朗読しました。

https://youtu.be/qdNQW_rlL4A

宮沢賢治 耕耘部の時計

宮沢賢治 ある農学生の日誌、朗読しました。

宮沢賢治作品 谷 朗読しました。

宮沢賢治「烏の北斗七星」喜多川拓郎朗読

宮沢賢治「烏の北斗七星」喜多川拓郎朗読

https://youtu.be/iGRC9tntN1I

山川方夫「夏の葬列」喜多川拓郎朗読

山川方夫「夏の葬列」喜多川拓郎朗読

https://youtu.be/8Jw-SibTLG4

宮沢賢治 「イギリス海岸」喜多川拓郎朗読

宮沢賢治 「イギリス海岸」喜多川拓郎朗読

https://youtu.be/3cdhruOmqs8