Archive for お勉強

久しぶりにパソコントラブルです。

先日 ノートパソコンを開いたら、何と液晶パネルに蜘蛛の巣が張ったような模様が!!

起動はしたのですが、見づらいのなんの!!当然です。

アプリの動きが悪いので再起動したら、BIOS画面に

このところスタジオの引っ越しで、パソコンバックを乱暴に扱った事を反省。

家に戻りHDDを取り出し、1世代前のノートパソコンのHDDと入れ替えてみると、無事起動しました。

なので、HDDの中身は無事。ホッと一息。

デスクトップPCでバックアップをと・・なんと今度はデスクトップPCがシステムが見当たらないとの黒画面!!

ダブルショックです!!

PCでやるべき仕事がたまりにたまっているときにえらいこっちゃ!!

起動ドライブに使っていたSSDがBIOSから消えています。

頭真っ青です。

SSDは、数年前のもの。ある日突然壊れると聞いたので、取り出してチェック。

すると、中のファイルは読めます。

戻して、再起動してみましたが、やはり同じ。

OSのDVDを探し出して、修復しようとしましたが、失敗のメッセージ。

どうやら、SSDファームウェアの更新が必要らしいと言うので、ノートパソコンでアップデート。

再度リカバリーをかけるとようやくウインドウズの青い画面が現れました!!

新しいSSDを買ったので、クローンを作って入れ替えようと思います。

今のところ正常に動いています。

一つ気になったのは、正常に復帰した画面に、ウインドウズ10のアップデートに失敗しましたのエラーメッセージが残って再起動

どうやら、勝手に10にするプログラムがタイマーで作動して、その最中に何か起こったのかもしれません。

ともかく油断大敵バックアップしましょう。

 

 

筋肉をゆるめる!!

発声や滑舌を良くするレッスンで、突き当たる壁がありました。

筋肉の癖です。

滑舌や発声の悪い人は、二つのタイプがあって、一つは舌や喉、下顎の動きの悪いタイプ。

もう一つは舌や顎の動きに、癖があるタイプです。(私もそうです)

左右に偏る人、顎をスライドさせる人、舌が歯より前に出てしまう人。

あるいは反対咬合だったり、中には甲状軟骨をスライドさせる人もいます。

また唇の癖もなかなか直りません。

動きの弱いあるいは悪い人は、正しい動きの情報を与えてやれば、たちまち良くなります。

しかし癖を直すのはその倍以上の時間が必要です。

筋肉には、前進ギアしかないらしいのです。

バックギアもブレーキもないのです。

ゆるめるには、エンジンのスイッチを切るしか方法はないのです。

アクセルを頻繁に踏まれると、筋肉は、エンジンの排気量を大きくしていきます。

逆にあまり使わないと、エンジンは小さくなります。

例えば噛み癖。

左右どちらか片側だけで食べ物を噛んでいると、よく使う方は、ダンプカーのようになり、

使わない方は、軽自動車のエンジンといった具合にバランスが悪くなります。

さらに屈筋と伸筋が拮抗しているので、上下のバランスも悪くなります。

これを矯正するのに、弱い方の軽自動車をダンプカーにしてバランスをとろうとする考えがあります。

左右ダンプカーにすれば、バランスはよくなります。

しかし上下のバランスもあります。

さらに、やりすぎると、軽自動車が、ダンプカーを通り越して、戦車のようになって、今度は反対のダンプを戦車にする・・筋トレ地獄にはまってしまいます。

ジレンマです。

逆にダンプカーを軽自動車にする事ができれば・・・

筋肉を鍛える方法はいろいろ紹介されていますが、

ゆるめる方法といえば、野口体操、整体、ゆる体操・・ヨガ 気功 太極拳・・瞑想・・

ところがところがです。

その方法がみつかりました。

ボイストレーニング滑舌トレーニングにも応用出来ます。

今自分に試しています。

昨日の常識が今日の非常識!!

めまぐるしく変わる世の中、日々更新していないと大変な事になります。

人間の喉はスクランブル交差点

喜多塾で真夏の大特訓をしました。
今回は4月のおさらいプラス、ブレス練習と関連させた、喉を下げるトレーニングをしました。

喉には、食べる、呼吸 そして発声と 三つの機能があります。
人間は動物と違って食べながら呼吸する事は出来ません。
呼吸しながら発声をしますが、生命維持の為の呼吸と、発声とでは違います。

入り口は 鼻と 口 出口は、食道と 気道 それぞれ胃と肺へと続きます。
動物は食道 気道が立体交差していますが、人間はスクランブル交差点のようになっています。

ここが混乱すると気道に飲食物が入り込んで肺炎の原因になったり大変な事になります。

それぞれ口や喉の奥にあるポイントを切り替えて使い分けています。
一つ目は唇、鼻呼吸の時閉じます。
二つ目は舌、口呼吸を防ぐ弁です。
三つ目は口蓋垂、鼻と口との息の出入りをコントロールし、飲食物が鼻に逆流しないようにする弁です。
四つ目は喉頭蓋、気道と食道の切り替えスイッチです。飲食物が気道に入らないようにする弁です。
五つ目は声門、気道に飲食物が入らないよう蓋をします。

四つ目の喉頭蓋は、飲み込む時の反射なので、単独でコントロールするのは難しいです。
それ以外は、トレーニングで動くようになります。

食べる時は、口と食道が直結するように、それぞれのスイッチが切り替えられます。
口蓋垂は鼻との出入り口を塞ぎ、喉頭蓋は気道に蓋をします。声門は締まります。声は出ません。

息をする時は、鼻と気道が直結するように、舌が硬口蓋に密着し、口蓋垂は開き、喉頭蓋も立ちます。
声門は開きます。声は出ません。

声を出すときは、声門だけが閉まり、他は全開します。
言葉は、それらを全て使い、踊るように舌を動かし作り出されるのです。

それに関わる筋肉はいっぱいあって複雑な動きをします。
普段の生活で拮抗筋のバランスが崩れ、プロの発声に必要な筋力が弱くなります。
ほとんど忘れ去られて動かなくなっているのです。

今回は喉の引き下げ筋。
「うたうこと 発声器官の肉体的特質―歌声のひみつを解くかぎ」音楽之友社によれば
甲状胸骨筋・胸骨舌骨筋・舌骨肩甲筋・輪状咽頭筋です。

喉仏が上がらないように意識すると、舌骨を下げる筋肉が強く働いて声が不自然になりがちです。
甲状舌骨筋を鍛えて、喉仏を下げられるようになると、声の幅が拡がります。

参加者は、入塾希望者と、レギュラークラスからの希望者。

私もそうですが、発声や滑舌など基礎的な訓練は、
一度よくなると、安心してしまう傾向があります。
これでもう大丈夫と、

ところが筋肉は一日に3%退縮するそうです。
一週間なにもしなければ、開始時より落ちてしまうのです。

特に私のような年代になると3%どころか6%以上かもしれません。

あながま会に行って来ました。

あながま会 今年も行って来ました。
陶芸家大塚先生やアニメプロデューサー樋口さんそしてお声優の増岡弘さんが出品する陶芸の展覧会
お味噌の会でお世話になっている大塚先生の作品を毎年買っていましたが、
今年は増岡さんが本を出版されたので、その本を買ってきました。
それと色紙も!
今年も沢山の元気をもらってきました。
有り難うございます。

お客は何を観る!

青年団「銀河鉄道の夜」に続いて、「ここからは山がみえる」を予約。
行ってきました!
またまた衝撃の舞台でした。

住宅街の一角、螺旋階段のおりると、名の通り劇場と言うよりアトリエが現れた。
入り口の上演予定時間を見て、慌てて家に電話。
「ちょっと遅くなりそう」
休憩15分
後半 終演が 21時20分
18時開始なのに・・・

それも一人芝居・・・

カフェのような丸テーブルがある客席には、すでに20人近いお客さんがマグカップのドリンクを飲んだり
パンフレットをながめたりしている。
ドリンク付きなのだ。

前の席が2つ空いている。
一番後ろも2つ。
3時間の一人芝居・・連想するのは熟睡・鼾・トイレ・・
一番後ろに座る事に。

背中にカウンターがあって、ドリンクを貰う。

席に着くと、カウンターの人から椅子を少し前に移動するように頼まれる。
俳優が移動しながら芝居するので、通路になるらしい。

その人が、舞台で携帯その他スイッチを切るように、それから、寝てしまったお客さんが鼾をかいた場合は、
コンコンと起こすこともあるかもしれないと言いつつ、そのまま劇が始まった!

演出家かスタッフと思ったその人が、太田 宏さん。
主演俳優、そのままの口調で劇は進む。

舞台装置もなければ、衣装も普段着?

ある映画監督がこんな事を言ってたのを思い出した。
「映画には見せ場がある、時代劇なら立ち回り、西部劇なら撃ち合い、ポルノ映画なら濡れ場、
それさえあれば、後はドラマを好きなように撮れる・・」

だが・・

俳優と客との真剣勝負。
壮絶な戦いに引き込まれる。

一度も時計を見ることなく、終演。
大きな音が出るように拍手!

追加でお金払おうかと思った!

ワークショップに参加申し込もうかな!

舌小帯短縮症

舌を前に出せない人がいます。
鏡で口の中を見て下さい。舌べろを上げると、舌の下に白い糸のようなひだが見えますよね。
舌小帯と言うそうです。
生まれつきそのひだが短いのが、舌小帯短縮症。
授乳出来ないような場合は子供の時に手術するそうですが、軽度の人はそのまま大人になります。

舌が前に出ず、上にも伸びず、ラやタが言いにくくなるのです。

言えないわけではないので、
普段の生活では全く支障がないのですが、声の仕事をするとなると様々な問題が生じます。

問題の一つには、教える側の勉強不足もあります。
私も、レッスン生から相談を受けて初めて知りました。

その人は稽古熱心で、真面目なので、声は良く鍛えられているのですが、肝心の所でつっかえるのです。
レッスン後悩みを打ち明けられて、舌の裏を見せて貰いました。

そうしたレッスン生はその後も何人かいました。
「ちゃんと練習していないだろう」と言われて、みんな悔しい思いをしたそうです。

私は、まず、歯医者さんに相談することをすすめます。出来るなら手術をする。
何らかの理由によって手術出来ない、あるいはしない方がいい場合は、下顎の使い方を工夫するよう指導しています。

大きな声を出すよう指導する劇団的な発声法では、アの発音の時に首を後ろにそらすように、上顎を持ち上げます。
多くの人はアの時に下顎を引くのと同時に、首を後ろにそらせます。
これだと、母音のアは気持ちよく出ますが、
特に舌小帯短縮症の人は、タやダ、ラ、サ、シャなどは舌が上顎に届きません。
私だって、その口の開きのまま「アンドロメダ座だぞ!」は言えません。
特に歯茎を使うのは不可能なのです。
喉や舌 そして顎、歯等は100人100色です。
画一的な指導では対応出来ないのです。

*********************************
先日、悩んだ末、手術を受けてきた人のレッスンをしました。
手術後のレッスンは初めてです。
思った以上に簡単だったそうです。
レーザーかと思ったら、メスで切って縫合する従来の手術でした。(術後の経過写真もみせてもらいました)

なにより、本人が気持ちが楽になったのが一番です。
これまで悔しい思いをしてきたので、とてもすっきりした表情に変わっていました。

録音して、以前の発音と比較してみましたが、とても綺麗になりました。
ただ、強く引っ張るように舌を使っていた習慣があるせいか、ダとラの区別がつきにくく
現在、舌を柔らかく使うトレーニングをしてもらっています。

短縮症と言っても人によって違います。
唇より前に出せない人もいれば、もう少し出せる人もいます。
悩んでいる人は、まずは専門のお医者さんに相談してみて下さい。

小学校で朗読

小学校で朗読

みなさんご卒業おめでとうございます。
春の嵐が吹き荒れる中、まもなく卒業する6年生の教室にお邪魔して、朗読を聴いてもらいました。
ボランティアで読み聞かせをしているお母さん達から声をかけていただき、少し時間をもらいました。

作品は、迷いに迷って
重松清さんの「卒業ホームラン」

「春一番」の天気予報で始まる短編小説。
窓から見るグランドには、突風で砂塵が龍のように踊ってます。
聞いてくれる子供達と同じ、まもなく小学校を卒業する野球少年「智」と
父でもあり少年野球チームの監督でもある「徹夫」
そして母と姉、4人家族の心の葛藤を描いた作品です。

本を買って読んだ時、涙が止まりませんでした。

昨夜はWBCの地区予選決勝。
そして重松清さんの作品「とんび」が放送中。

小学6年生には内容的にどうか、不安もありました。

P1010121

親の気持ちを描いたシーンが多いので、子供達の反応が心配でしたが、
みんな、最後までよく聞いてくれました。
感謝感謝です。

何時の日か何かに迷った時に、思い出してくれたら嬉しいです。

P1010142

企画してくださったお母さんと小学校の先生方。
有り難うございます。

ホウテイシキ

休憩無し3時間!あっという間でした。

「ホウテイシキ」
前田君と花木君
AMG大阪校卒業生同士のお笑いコンビ!
彼らが出演するライブ、「コント食堂」に行ってきました。

お笑いライブと言えば、・・・持ちネタを持ち時間やって、次々メンバー交代。
それぞれ20~30分程度・・
この日もそんな寄席を想定して客席に腰を下ろしました。

ところがいきなり、オープニングで出演グループ選抜メンバーによる集団コント!
息もピッタリ、圧巻のダンス!
稽古したんだろうね!(徹夜稽古もあったとか)

後は、
ピンネタ、
コンビをシャッフルしての「ごった煮コント」
最後に持ちネタ!

どれも10分前後の短いネタなので、飽きることがありません。
終わって時計をみてびっくり。
午後10時!!

まさに旬の表現!
知恵を絞り、持てる力を出し切った、最高のパフォーマンスでした。
見終わって爽快な気持ちになりました。

それにしてもお笑い界の層の厚さをまざまざと感じました。
こうした人達に押し出されるように、スターが誕生する。
その座に安住できない厳しさも彼らの存在感によるもの。

落語や講談、漫才など師弟関係の世界とは違う活気を感じました。
弟子入り、下積みを重ねて、デビュー、
芸を教えて貰うかわりに、師匠のご機嫌もうかがわなければならない・・・
もちろん伝統芸にはその良さがあります。
それは師匠に教えて貰うしかありません。
礼儀やしきたりもあるでしょうし、人間関係にもまれる事も大切です。

下積みとは「職」を得る為のもの。
「職」は寄席、地方への営業からテレビへと変わりました。
そしてライブへ。

お笑いブームはこれまで何度かありました。
第一次お笑いブームでスターとなった「東八郎さん」
公私にわたってお世話になりました。
その劇団公演で舞台監督のお手伝いしていたことがあります。
それがちょうど第二次お笑いブーム、
浅草の松竹演芸場には豪華なゲストが日替わり出演!
片岡鶴太郎さんがアントニオ猪木のモノマネをしてました。
ツービート、B&B、セントルイス、千夜一夜・・
舞台袖から、転げ落ちそうになって笑っていました。

次のお笑いブームの時は、お笑いライブの企画のお手伝い。
当時友人が経営していた赤坂プレイボックスでお笑いライブをやることになり、スタッフを紹介したりしました。
出演者は、蛍雪次郎一座、B-21 SPECIAL、ぞうさんのポット・・

しかし今回のような企画は考えられませんでした。

彼らの今後の活躍を楽しみに・・

講談ライブ!

新橋レッドペッパーという小さなお店でのライブ。
講談では久しぶりの男性真打ち誕生と言うことで話題になった田辺凌鶴さん。
聞いてきました。

リズミカルで心地よい、独特の講談の口調!

講談界では声優仲間の一龍斎春水さんや、同門の貞友さんが真打ちとして活躍されていますが、
男性真打ちは24年ぶりとか。

演劇部の後輩達から、応援要請の手紙をもらって知りました。
真打ち披露公演には行けませんでしたが、何とか11月の出演に間に合いました。

こじんまりした会場の家族的な雰囲気での一席となりました。
たたみかけるところの迫力は見応えがあります。

古典が一本と新作が一本。
毎月一本新作をおろしているそうです。
なんと、昨日が104本目!
オペラ「お蝶夫人」を世界中で2千回にわたり公演した国際的オペラ歌手・三浦環伝!
面白かったです(拍手!!)

終演後は全員で一杯やりながら、お話ししました。
私はもちろんノンアルコールですが・・

真打ち田辺凌鶴さん 真打ち披露興行のチラシ

メールで送られてきた文章を表示印刷するには

仕事で必要な文書を添付ファイルで受け取ることが多くなりました。
急な修正があった場合等、事務所まで取りに行く必要がなくなり助かってます。

ところが、友人が先日、最近添付ファイルが開けなくて困ると言ってました。
オフィスの最新バージョンのファイル形式が旧バージョンでは開けないのです。
私もオフィスは2003です。
新しいファイルの拡張子をみるとdocx、拡張子は半角3文字だったのは随分昔の話。
添付文書を開きたければ、バージョンアップしろと言うMicrosoftからの暗黙のメッセージ!かと思いました。

バージョンアップすれば当然開けますが、そこまで必要ないという方には、
Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パックがあります。
MicrosoftのHPです。

http://goo.gl/IlZn4

こちらのパッチソフトをインストールすれば、docxファイルも開けます。

もっと簡単な方法が、googleドキュメントから開く方法。
先日はdocxファイルが開けなかったのですが、ようやく対応しました。
さっそく試してみました。

Google ドキュメントでは、15 を超えるファイル形式をサポートしています。
これらのソフトを全部買い揃えるのは、勇気とお金が相当必要です。
パワーポイントも開けます。

Microsoft Word(.DOC、.DOCX)
Microsoft Excel(.XLS、.XLSX)
Microsoft PowerPoint(.PPT、.PPTX)
Adobe Portable Document Format(.PDF)
Apple Pages(.PAGES)
Adobe Illustrator(.AI)
Adobe Photoshop(.PSD)
Tagged Image File Format(.TIFF)
Autodesk AutoCad(.DXF)
Scalable Vector Graphics(.SVG)
PostScript(.EPS, .PS)
TrueType(.TTF)
XML Paper Specification(.XPS)
アーカイブ ファイルの種類(.ZIP and .RAR)

私は、Gmail から直接使っています。
Gmail で添付ファイルの[表示] リンクをクリックすると、Google ドキュメントに添付ファイルが表示されます。
ここから印刷も出来るのでとても便利です。

Gmailは無料でアカウントを作成出来、容量の心配もありません。
私はpop3メールを転送設定して使ってます。これなら何処でもどのパソコンからもメールを確認出来便利です。
スマフォもAndroidなので、やりとり出来非常に重宝しています。

もう一つの方法が、互換ソフトです。幾つかありました。
価格もリーズナブルです。
エクセルでマクロを使うなどしなければ、これで充分かもしれません。
EIofficeと言うソフトを買って試してみました。

表示、印刷は問題なく出来ますが、動きが今ひとつ重い感じがして(CPUの性能にも問題?!)あまり使ってません。

番外編
私は一太郎一筋で、文書作成ではほとんどワードを使ったことがありません。
最近一太郎を最新の2012にアップデートしました。
日本語変換はatokですが、かなり使いやすくなりました。

ワード文章はほとんど開けます。docxも大丈夫でした。
ただしパワポやエクセルのXLSXやPPTX形式は開けません。