やっててよかった!その2

先日こんなメールを頂きました。

*********************************************************

BIG CHANGEですね。驚きです!
声もすごく出るようになった気がします。
昔ボイトレに行ったときは、舌を動かさず、おでこにあてるように
という風に習ったので、もしかしたら変な癖がついたのかもしれません。
声を出すのがなんかとても楽しいです。
一人の時は車のなかで大熱唱しています。
前より全然高音出ますし、響きもいい感じがします。
大げさですけど、翼が生えたような気がします 笑
自由を感じています。

本当にありがとうございます。
練習をして、またしばらくしたらぜひまたレッスンを受けたいです。
日頃の行いが良いのか 笑 先生にお会いできて本当にラッキーな人間です

*********************************************************
朗読や塾の他に仕事の合間を縫って、「声の教室」をスタートさせました。
発声や滑舌に悩む人の為の個人指導教室です。

養成所や専門学校で講師をしていたときに、「声や滑舌がよくないのは生まれつき」と思っている指導者多いのに気がつきました。
確かに生まれつきと思うほど素晴らしい人は大勢います。

しかし、こうした指導者の元、夢を追って真面目に勉強した人は悲劇です。

養成所や学校は、お金さえ払えば誰でも入所出来ます。
努力すれば誰でもプロになれる!大概の学校はそれがうたい文句です。

ですから当然滑舌の悪い人も入所してきます。
そこの教壇に、滑舌が悪いのは生まれつき、と思っている指導者が待ってるとしたら・・
ダブルバインドの蟻地獄です。

養成所やワークショップで、仲間の前で滑舌が悪いと指摘され、心が傷ついてしまった人が大勢います。
そうした指導者の中には、いきなり外郎売りをやらせたり、笹瀬川笹身・・生暖かい肩叩き機~これが出来なきゃプロになれないと
熱血指導に走る人もいるようです。

声の教室に来る人の中にはそんなワークショップで滑舌恐怖症になり、早口言葉を見ただけで手が震えだす人が何人かいました。
本当にお気の毒です。

実は私も以前から発声と滑舌に悩んでいたのです。
突然口が回らなくなったって、カミカミでスタジオで立ち往生した事がありました。

生まれつきなんだ、あきらめるしかないと
この仕事には向いてないと、真剣に悩みました。

仲間の冷たい視線を感じました。
やめた方が良いよ、絶対無理だよ、
中にはメンタルが弱いから滑舌がよくならない、そんなトンチンカンな指摘をする友達もいました。

また、同情されるのもつらいものです。

10年も養成所に通っているのに滑舌が悪い・・
何故なんでしょう??
40年も役者をやっているのに滑舌が悪い・・
何故なんでしょう?

友人の話では、滑舌に悩むプロの役者は多いそうです。

  del.icio.us this!

No Response so far »

Comment RSS · TrackBack URI

Say your words