感動のつくり方

期待値を1%でも越えると感動が生まれる!

あまり期待されていない人からは、感動が、
期待が大きかった人からは、失望が、

同じ事をやっても、相手の期待値によって大きく変わります。

喜多塾もそろそろ開塾一年を迎えます。
嬉しいことに所属オーディションに合格したという報告を数人からもらいました。

進路など個別に相談にはのりますが、紹介、斡旋等は一切していません。
なので期待値は限りなくゼロ、ですから感動を越えた感謝の気持ちです。

どの事務所にいようが、必要とされる力があれば必ず世に出ていくと信じています。
事務所への期待値、事務所からの期待値、お互いに1%越えることが出来れば感動が生まれるはず。
それが、一日も早く、仕事上のお客さんとの関係になってくれることを願って!

  del.icio.us this!

No Response so far »

Comment RSS · TrackBack URI

Say your words