Archive for 12月, 2008

有馬記念

今年最後の競馬。

14:00終了予定の仕事があったのですが、余裕で新宿場外に到着。人気馬が回避して寂しいメンバーとなりましたが、さすがにグランプリ、もの凄い人で身動きが出来ません。阪神の9レース。1着2着は的中、しかし3着に単勝200倍の最低人気馬がつっこんできて、3連単が50万馬券。運試しは失敗。
いよいよ有馬記念のパドック放映。
私の偏差値予想は、ダイワスカーレット、マツリダゴッホ、エアシェイデイ、メイショウサムソン、アルナスライン、の順、展開はマツリダ、アルナス有利、結局アルナスラインから馬券を買いました。単勝15倍、これが入れば、CHCも逆転優勝の目が出てきます。
レースは13枠からダイワスカーレットがスタート良く飛び出して、ハナに立つと、続いて武メイショウサムソン、マツリダゴッホは最後方で、蝦名ジョッキーが手綱を引っ張って立ち上がらんばかりです。ペースが速くなると読んで、最後方から直線勝負に出たつもりなんでしょうか。
それにしても折り合いを欠いて、こりゃダメだと感じました。
アルナスラインは後ろからペリエマジックに密かに期待。
3コーナーから4コーナーでもダイワスカーレットは快調に飛ばして、メイショウサムソン武が手綱をしごいて仕掛けていきます。
しかし名手の手綱に応える力もなく後退、ダイワスカーレットが後続を引き離し優勝!
2着に単勝最低人気の14番アドマイヤモナークが飛び込んで近くてモニターをみていた人から悲鳴が・・結局3連単98万円の高配当馬券となりました。

謎手本忠臣蔵の作者 加藤廣さんの講演

友人で気象予報士の富沢さんに誘って頂き、今をときめく人気作家加藤さんの講演を聴いてきました。

どの作品も小説と言うよりドキュメントに近い内容なので、時代考証などの裏話は興味深い内容でした。
人物に関しては一人以外は実在した人ばかりだそうです。
それが誰なのかは、まだ読んでない人もいたので教えてもらえませんでしたので、想像して楽しむことにします。
次作は桶狭間の合戦が来年早々、その後は宮本武蔵だそうです。楽しみです。

クラス合同作品鑑賞会

ナレーションセミナー年内、最後のレッスン。

二クラス合同で作品鑑賞会を挙行しました。
9月に制作したナレーション作品を合同で鑑賞するものです。
この時期どうしても視野が狭くなりがちなクラスの雰囲気が変わる事を期待しての、私の思いつき企画です。そしてレッスン後は合同で忘年会!
と、その前にレッスン生のA君が腰痛だと言うので お世話になっている代々木カルム治療院で診てもらいました。診療時間はとっくに過ぎていましたが、事情を話すと、快く引き受けてくれました。治療を受けているときは寝ているので、どんな事をやっているのかわかりませんでしたが、横でじっくり見て、納得しました。左右のバランスを整えていくうちにA君の顔色がパーっと良くなっていくのがわかります。あれだけ痛がっていたので、果たしてどうなるか心配でしたが、20分足らずですっかり良くなりました。(本人の言)痛みはすぐにはとれないかもしれませんが、生活は楽になるでしょう。来年彼に会うのが楽しみです。
と言うわけで忘年会には、遅れて出席。
鑑賞会で出席者に人気投票してもらった作品の結果発表!
時期が時期だけに会場の確保や予算面で幹事さんは苦労したのではないでしょうか。
お陰で楽しい会になりました。
お疲れ様です!!

秋葉原では・・

CIMG1261.JPGテラ安!の看板が!

1テラバイトのHDDがこの値段、不況風が吹き荒れる中、暮れも大にぎわいです。EmONEに代わる、ネットPCを探してうろうろしましたが、結局CDメディアだけ買って帰りました。
500GBはなんと5千円以下、私のデスクトップPCのドライブはその3倍はしました!
SSDも急激に値段が下がって大容量化していますし、もう少し様子をみることにします。

冬至

CIMG1259.JPG

冬至
このところ毎年言っている神社の縁日。
特に今年は暖かかったです。
薬研堀の七味唐辛子、好みの辛さにブレンドしてもらえるので、少々お高く感じますが、今年も買いました。

話し言葉の日本語

井上ひさし・平田オリザ、対談

アマゾンでまとめて本を買いました。送料無料即配達、立ち読み出来ないので、表紙につられてついついあれもこれもとカートに入れてしまいます。
美しい日本語、正しい日本語・・
外来語、短縮語、造語、絵文字、WEBや携帯などによるコミュニケーション・・
台詞とナレーション、話し言葉と書き言葉・・

生まれて初めての誕生日

 子供の時、誕生日のお祝いはいつもクリスマスと一緒だったので、誕生日にプレゼントを貰う事なんて滅多にありませんでした。

暮れの忙しい時にそれどころではない、と言う事で納得してきました。
年を重ねてからは自分の方がそれどころではなく、今年も誕生日なんてすっかり忘れていたのです。
それが、サプライズ・・
たまたまレッスン日と重なって、教室のドアを開けた瞬間、驚きの演出!!
こんな嬉しい誕生日は生まれて初めてです。
みんなに感謝感謝です。
ありがとう!

雨が降る前にアポロと

DSC_0013.jpg

DSC_0021.JPG
紅葉も見納めでしょうかね。
午後から雨、めっきり寒くなりました。

独歩公演 『月賦』『ブラインドの視界』

独歩プロデュース公演
安保廣信・追悼
『月賦』
『ブラインドの視界』
(作・安保廣信/改訂・演出 麦 人)
中野MOMO
観てきました。麦人さんのホームページにはこのように紹介されています
「とりあげた二つの作品には、エネルギー満タン時代の劇作家・安保廣信の感情・苦悩・希望・挫折諸々がとぐろのように渦巻く。四十年前に書かれたものとは思えぬほど瑞々しく、構造もテーマも骨太である。」
40年前に書かれた作品を、ここまで新しく演出された、麦人さんの情熱に圧倒されました。一分の隙もない見事な舞台になっています。
プロデューサー麦人さんの目がねにかなった芸達者な出演者も見事なアンサンブルで、感動的な舞台でした。まだ見てない人は是非!
初めて行った劇場ですが、見やすく舞台空間の高さも充分あって、ここから新たな演劇が誕生しそうな予感がありました。

観劇

講師をして、なにより嬉しいのが、卒業生や、かつてのレッスン生の活躍の便り。
想いとは裏腹に全員が望み通りの道に進めるわけではありません。教室でどんなに優秀でも、プロの世界では、通用しない事が多いのも確かです。
ある卒業生から、舞台の案内をもらい観てきました。
芝居を観るときの3原則があります。(私の)
お金は払う(内容に比べて高過ぎると思ったら行かない)
手ぶらで行く(差し入れはなし)
眠くなったら寝る(我慢しない)
仕事が優先なので、ドタキャンもありますし、クライマックスを前に劇場を抜け出す事もあります。
今回はオムニバス形式?短いお芝居と、即興芝居、等、意欲的な構成で知恵を絞った演出でした。
もちろん眠らずに最後まで観ましたよ.
CIMG1245.JPG

CIMG1248.JPG
CIMG1251.JPG

帰りに銀座に行くと暮のこの時期名物、例の行列が先登が見えないくらい長く連なっています。
昔よく通ったガード下の飲み屋さんは健在で安心しました。